やらないといけないこと、やったほうがいいこと

仕事がら、いろいろな企業の社長さんに、アドバイスをさせていただきます。

そんなとき、よく返ってくる言葉が「やらないといけないことはわかっているけど今、忙しくて手が回らない」
「やったほうがいいのはわかっているけど目の前の仕事で手一杯で・・」というものです。

皆さん、実は、我々のような外部の者にとやかく言われる前になにをするべきか、よくわかっておられるのです。

でも、他のことに手をとられて それができない、ということなのです。

では、“やらないといけない”こと“やったほうがいい”ことをさし置いてまで、することってなんなのでしょうか?

“やらないといけない”こと“やったほうがいい”こと は、往々にして今までやったことがないことや、やってはみたけど続かなかったことが多いものです。

人は、新しいことをするときはどうしても抵抗感をおぼえます。
だから、やり慣れた仕事や目の前の作業に逃げてしまいます。

言い方はよくないですが、そのほうが楽なのです。

でも、新しいことに挑まないとイノベーションは起きません。

“やらないといけない”こと“やったほうがいい”ことがわかっているなら、何をさし置いてでもやってみましょう。
その先には、イノベーションが待っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる