繁盛の種

和歌山県の小さな港町の和菓子屋さんに ロールケーキとってもおいしいロールケーキがあります。

クリームのど真ん中に四角いキンツバがドーンと埋め込まれています。
その名も“きんつばなまロール”

4代目の店主が作りました。しっとりケーキに甘くないクリーム
その真ん中につぶあんの金つば美味しくないはずがない!

通販してないのでそのお店でないと買えない、という、ある意味プレミア商品です。

ですが、店主はとても控えめでそんな美味しいものをショーケースの一番下の棚にひっそり置いているのです。

そのお店は、もともと歴史の古い和菓子店で大々的に販売しているのは昔から伝わる名物のお餅です。
それはそれで美味しく、その地域の定番のお菓子として愛され一定の売上が期待できます。

なので、ロールケーキは、どちらかというと、“おまけ”的な存在です。

このお店には、他にも店主が作った見た目に楽しく、食べてもきっと美味しそうなお菓子がたくさんあるのですが、どれも昔ながらのお餅に幅をきかされ、端っこで売られています。

でも、私には、そのどれもが磨けば光る“繁盛の種”に見えてなりません。

磨けば光る“繁盛の種”は、どこのお店にも会社にもさりげなくころがっています。

問題は、“さりげなく”なので、なかなか気がつかないのです。種を見つけて、根付かせ花を咲かせ、実をならせる、繁盛の基本です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる